カードローン 金利監査

カードローンについて、金融機関からすればこれほど収益力の高い商品はない。簡単に10%以上の利息収入が得られる。特に法人融資が伸び悩んでいる環境のため、金融機関は現在カードローンに力を入れている。一方金利監査は金融機関からすると悩ましい問題といえる。金利監査によって、利率の見直しなどを迫られるからだ。カードローン等リテール分野で収益を伸ばしていきたい一方、金利監査の恐怖と常に隣り合わせ、これが金融機関の現状といえる。今後の金融機関の生死をかけて、収益力を高めていく、これが金融機関に課せられた現状であることから、恐怖を受けながらも、最終的にはカードローンを中心として収益力を挙げていく、これしかないであろう。


金融機関は法律に強く規制を受けている業界だ。改正犯収法、会社法、民法、刑法、さまざまな法律の規制を受けながら、独自の特色を出していかないといけない。そのため金利監査だけてなく、金融庁監査、日銀監査などさまざまな監査を受けている。地域の顧客のため、と言いながら実態は内部の恐怖に怯えながら、常に監査のことを考えて最終的な結論を出さないといけない。しかし顧客はそういう事実を知らず、最終的な「答え」のみで判断してしまう。正直なことを言いたくてもなかなか言えず、伝わりにくい。そのため職員は顧客に対して、一言一言気を使っている。どっかの飲み屋で酒を飲みまくって、よぱらた、て言っているほうが実は楽なのかもしてない、と思ってしまう。